全国対応!戸籍謄本取り寄せ、遺産分割協議書作成、銀行預金口座解約・不動産名義変更、相続手続き代行ならお任せ下さい。

遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから
遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】 > 成年後見制度の基礎知識 > 家族信託とは?成年後見制度と何が違うのか。

家族信託とは?成年後見制度と何が違うのか。

家族信託は自分が生きている間に自分の財産を家族に委託し、管理や処分を任せることです。

認知症等により本人に判断能力が衰えてしまうと、資産が凍結されて相続対策も難しくなるため、前もって信頼できる家族に資産を委託しておけばその問題も回避できます。

成年後見制度の場合は、資産の積極的な運用、生前贈与などはできませんが、家族信託では受託者が受益者のために財産を処分したり運用したりすることができます。

また、成年後見制度では本人の認知能力が衰えた後にしか扱えませんし、遺言書だと被相続者が死亡するまでは効力がありません。一方、家族信託は判断能力に問題ない時点から受託者が財産を管理できます。

また、成年後見制度では被後見人が亡くなると、後見業務が終了し、後見人は遺産整理にはかかわりませんが、家族信託では、委託者が亡くなっても信託が終了しないことにしておけば、受託者の管理下で資産承継をスムーズに行えます。

デメリットもある

家族信託には多くのメリットがありますが、デメリットは法定代理人である成年後見人には身上監護権がありますが、家族信託の受託者にはその権限がないという点です。本人に代わって施設入所手続や入院手続きをすることができません。ですから、状況によっては成年後見人制度と家族信託を併用する必要も出てきます。

【こちらの記事も読まれています】

出張面談のご予約・お問い合わせはこちら

お電話・専用フォーム

死亡後・葬儀後の手続き、預金口座凍結・名義変更等でお困りのご家族様へ。

相続手続きでお悩みではありませんか?
私たちが相続手続きをサポートいたします!

お電話はこちらから

「遺産相続手続代行サポートセンターを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

お電話はこちらから

受付時間:9時~18時(平日のみ)

メールはこちらから

お問い合わせはこちらから

遺産相続手続き専門! 全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

Copyright(C) 2017 遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】 All rights reserved.