全国対応!戸籍謄本取り寄せ、遺産分割協議書作成、銀行預金口座解約・不動産名義変更、相続手続き代行ならお任せ下さい。

遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

相続税申告まるわかりガイド

あなたには、「相続税申告は難しそう…」というイメージはありませんか?

実は、相続税申告はポイントさえおさえればけっして難しいものではないのです。

今回は相続税申告について知っておきたいポイントを7つに分けて解説していきます。

これで相続税をスムーズに申告できるようになります。

ポイント1.相続税とは?

相続税とは、財産を相続したときに国に納める税金です。

相続税法第1条の3にて、相続税の納税義務者について定められています。

「なぜ財産の持ち主が変わるだけなのに税金がかかるのか?」

という疑問を、誰でも一度は感じたことがあるのではないでしょうか?

相続税を課税するのには、

  1. 亡くなった人が保有していた財産を精算するため
  2. 経済的不平等を解消するため

という2つの理由があります。

<亡くなった人が保有していた財産を精算するため>

亡くなってしまった人は、保有している財産を精算することができません。

亡くなる前までにすべての財産を精算することは、現実的には不可能です。

そのため、相続した人が相続税を支払うことによって、保有していた財産を精算することになるのです。

<経済的不平等を解消するため>

遺産を相続した人は、相続していない人よりも多く財産を保有することになります。

そして、そのまた子どもや孫に相続させれば、一定の人たちだけに富が集中することになります。

貧富の差が拡大すれば、社会のルールや価値観に大きな違いが出てくることになるため、国家を統一することが困難になります。

そのような経済的不平等を解消するために、相続税を支払うことになっているのです。

ポイント2.相続税法改正のポイントは?

平成27年に改正された相続税法のポイントは、以下の4つがあります。

  1. 基礎控除額の引き下げ
  2. 相続税の税率変更
  3. 未成年者と障害者の税額控除の引き下げ
  4. 小規模宅地等の特例

まず1の基礎控除の引き下げによって、相続税の対象となる人が増えました。

相続税の納税対象者を拡大することによって、財源を確保する狙いがみてとれます。

そして2の相続税の税率変更ですが、改正前の最高税率が50%だったのに対し、改正後の最高税率は55%に引き上げられていることから、富める人がより多くの相続税を負担する必要が出てきました。

今回の相続税の改正では1の基礎控除額の引き下げで相続税の納税対象者が拡大されることになりましたが、3の未成年者と障害者の税額控除の引き下げや4の小規模宅地等の特例によって、納税者の事情が配慮されるようになっているのが特徴です。

※小規模宅地等の特例に関してはこちらでも詳しく解説しています。→小規模宅地等の特例とは?遺産相続が始まる前に知っておきたいメリットとデメリット

ポイント3.相続税の対象になる遺産とそうでない遺産の違いとは?

相続税の対象になる遺産とそうでない遺産の違いは、非課税財産であるかどうかという点にあります。

相続税法では、課税するのにふさわしくない財産を非課税財産として定めており(相続税法第12条)、以下のようなものが非課税財産に当てはまります。

  • 500万円×法定相続人数までの生命保険金
  • 500万円×法定相続人数までの死亡退職金
  • 墓地や墓石、仏壇など
  • 公益事業によって得た公益事業用の財産
  • 国や地方公共団体、特定の公益法人などで寄付した財産 など

これらの非課税財産は、相続税の計算には含めないようにする必要があります。

また、香典は相続税の対象にはなりません。

亡くなった人のものではなく、喪主のものとなるからです。

香典は相続税の対象には含めないことも、合わせて覚えておきましょう。

ポイント4.相続税の計算方法

相続税の計算方法は、大きく4つの手順に分かれています。

  1. 課税価格の合計額から基礎控除額を差し引いた課税遺産総額を求める
  2. 課税遺産総額に法定相続分を掛ける
  3. 相続人それぞれの金額に応じた相続税率を掛けて相続税額を求める
  4. それぞれの相続税額を合算した相続税の総額に実際の相続割合を掛ける

たとえば、課税遺産の合計額が1億円で、相続人が妻と子ども2人の合計3人だった場合で実際に相続税を計算してみましょう。

まず1の課税遺産総額を求めるためには、課税遺産の合計額と基礎控除額を知る必要があります。

土地や建物などは、金銭価値に換算する必要があります。

土地は路線価方式か倍率方式のどちらかで評価し、建物は固定資産税額によって評価して、すべての遺産を金額に変換します。

そして、基礎控除額は3,000万円+600万円×法定相続人で求めることができます。

この場合は4,800万円(=3,000万円+600万円×3人)となり、課税遺産の合計額1億円から基礎控除額4,800万円を引いた5,200万円が課税遺産総額となります。

そして、この5,200万円に法定相続分を掛けます。

妻の法定相続分は1/2で子どもは1/4となるため、

  • :2.600万円(=5,200万円×1/2)
  • 子ども1:1,300万円(=5,200万円×1/4)
  • 子ども2:1,300万円(=5,200万円×1/4)

となります。(手順2)

相続人それぞれの金額に相続税率を掛けた相続税額は以下のようになります。(手順3)

  • :340万円(=2,600万円×15%-50万円)
  • 子ども1:145万円(=1,300万円×15%-50万円)
  • 子ども1:145万円(=1,300万円×15%-50万円)

相続税率は国税庁のサイトでご確認いただけます。

最後に、それぞれの相続税額を合算した相続税の総額を実際の相続割合を掛けます。

実際の相続割合が遺言などで定められていない場合は法定相続分が適用されます。

今回は法定相続分を適用します。

  • 相続税の総額:630万円(340万円+145万円+145万円)
  • :315万円(=630万円×1/2)※配偶者の税額軽減を適用して実際には0円となります。
  • 子ども1:157.5万円(=630万円×1/4)
  • 子ども2:157.5万円(=630万円×1/4)

相続税の金額は、このような流れで計算していきます。

ポイント5.相続税の申告期限

相続税の申告期限は、相続開始を知った日の翌日から10か月以内となっています(相続税法第27条)。

一般的には被相続人(=相続される人)が亡くなった翌日から10か月以内となっているため、円滑に遺産を分割しないと納付期限を過ぎてしまい、延滞税や無申告加算税が課されることになります。

また、10か月目にあたる日が土日祝日の場合は、翌日の平日に先送りされます。

また、亡くなった人の確定申告(=凖確定申告)は、亡くなったことを知った日の翌日から4か月以内が納期限となっています。

亡くなった人が会社に勤務していた場合は、死亡退職として年末調整してもらい、源泉徴収票を送付してもらうようにしましょう。

また、故人が事業をしていた場合は、所得税の確定申告だけでなく消費税の確定申告が必要な場合もある点で注意が必要です。

ポイント6.相続税の申告に必要な書類

相続税の申告に必要な書類は、以下の5つが原則です。

  1. 相続税申告書
  2. 被相続人(=亡くなった人の)戸籍謄本
  3. 遺言書や遺産分割協議書の写し
  4. 相続人全員の印鑑証明書
  5. 本人確認書類

そして、配偶者税額軽減や小規模宅地等の特例などを受ける場合は、特例に応じた書類を用意する必要があります。

また、マイナンバー制度導入にともない、本人確認書類の写しを提出もしくは提示する必要があります。

せっかく申告納税しにいったのに、本人確認書類を忘れて申告期限に間に合わなかったということのないように注意しましょう。

ポイント7.相続税の申告納付における注意点

相続税を申告納付する際に注意しなければならない点は、納付する場所です。

相続人それぞれを管轄する税務署ではなく、亡くなった人の住所を管轄する税務署に申告をします。

相続税の申告は、税務署に直接行かなくても郵送することも可能です。

郵送する際は、マイナンバーの本人確認書類の写しを同封することを忘れないようにしましょう。

また相続税の納付は、金融機関で行うことも可能です。申告も納付も、延滞税や無申告加算税が課されないように、相続が開始してから10か月以内に終わらせるようにしましょう。

まとめ

相続税申告まるわかり7つのポイントの概要を以下にまとめます。

  1. 相続税とは、財産を相続したり遺贈されたりしたときに国に納める税金である
  2. 相続税法改正のポイントは、相続税課税対象者が増える代わりに特例などで軽減できるようになっていることが特徴である
  3. 相続税の対象になる遺産とそうでない遺産の違いは、相続税法第12条で定められている非課税財産に当てはまるかどうかという点である
  4. 相続税の計算方法は、大きく4つの手順で行うことができる
  5. 相続税の申告期限は、相続開始から10か月以内である
  6. 相続税の申告に必要な書類は、相続税申告書・被相続人(=亡くなった人の)戸籍謄本・遺言書や遺産分割協議書の写し・相続人全員の印鑑証明書・本人確認書類の5つである
  7. 相続税の申告納付における注意点としては、納付する税務署は亡くなった人の住所地を管轄する税務署であるという点である

これらのポイントを正しく理解すれば、誰でもスムーズに相続税申告をすることができるようになります。是非参考にしてみてください。

参考URL

相続税のあらまし
https://www.nta.go.jp/ntc/kouhon/souzoku/pdf/01.pdf#page=1

財産を相続したとき
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/05_4.htm

相続税及び贈与税の税制改正のあらまし
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/sozoku/aramashi/pdf/01.pdf

相続税の申告と納税
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4205.htm

平成28年分相続税の申告のしかた
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/sozoku/shikata-sozoku2016/pdf/all.pdf

相続税の税率
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4155.htm

【こちらの記事も読まれています】

出張面談のご予約・お問い合わせはこちら

お電話・専用フォーム

死亡後・葬儀後の手続き、預金口座凍結・名義変更等でお困りのご家族様へ。

相続手続きでお悩みではありませんか?
私たちが相続手続きをサポートいたします!

お電話はこちらから

「遺産相続手続代行サポートセンターを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

お電話はこちらから

受付時間:9時~18時(平日のみ)

メールはこちらから

お問い合わせはこちらから

遺産相続手続き専門! 全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

Copyright(C) 2017 遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】 All rights reserved.