全国対応!戸籍謄本取り寄せ、遺産分割協議書作成、銀行預金口座解約・不動産名義変更、相続手続き代行ならお任せ下さい。

遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから
遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】 > 遺産相続手続き~Q&Aコラム~ > 相続手続きに使用する「印鑑」について教えてください。

相続手続きに使用する「印鑑」について教えてください。

印鑑の種類には、実印、認印、シャチハタ等、たくさんありますが、よくわかりません。また、消印、捨印、割印、契印、などについてもよくわかりません。

印鑑には、実印、認印、シャチハタ、ゴム印など、様々な種類があり、印鑑の押し方、方法についてもたくさんの決まりごとがあります。

消印、捨印、割印、契印、訂正印、止め印の違いはなんでしょうか?

実印とセットで使用することの多い印鑑登録証明書とは、一体どのようなものでしょうか?

遺言・相続手続きおいては、印鑑に対する基礎知識の習得は必須です。

当ページで解説いたしますので、印鑑で失敗しないための最低限の知識を学んで下さい。

個人が主に使用する印鑑について

個人が普段しようする印鑑は以下の3つです。

実印

実印とは、自分の住民基本台帳(住民票の写し)がある区役所又は出張所に、自分の実印として印鑑登録をしている印鑑のことを言います。

実印を押さなければならない場合の代表的な例としては、

といったものが挙げられます。

その他にも、文書を受理する側が実印の押印を要求してきたときには、実印を押印します。

なお、通常、実印を押印するときには、それが確かに実印であることを裏づけするために、印鑑証明書を添付することになります。

相続手続きに付随する遺産分割協議書には、全相続人が実印を押印の上、印鑑証明書の添付が求められる場合がほとんどです。

銀行印

口座開設時等に銀行へ届け出ている印鑑。

認印を銀行印として使用している人がほとんどだと思いますが、盗用や紛失防止の為にも、認印とは区別しておくことをお勧めします。

相続手続きに際しては、利用する頻度は多くありません。

認印

実印、銀行印以外の印鑑です。

世間一般では、実印を押印するときだけは慎重になり、認印をルーズに扱う傾向にありますが、認印を押印するときも、十分に注意をしてください。

実印でも認印でも、その法的効果についての優劣はありません。

契約書などを取り交わす場合でも、印鑑が実印であるか認印であるかが重要であるのではなく、その文書が当事者の意思として、真に作られたものであるかが重要なのです。

相続手続きに要する書面、文書の多くは実印での押印が多いのですが、認印でも足るケースもあります。

その際にも、認印だからと言って軽率な押印行為は控えましょう。

文書の内容を良く読み、理解した上での押印が必要です。

【こちらの記事も読まれています】

出張面談のご予約・お問い合わせはこちら

お電話・専用フォーム

死亡後・葬儀後の手続き、預金口座凍結・名義変更等でお困りのご家族様へ。

相続手続きでお悩みではありませんか?
私たちが相続手続きをサポートいたします!

お電話はこちらから

「遺産相続手続代行サポートセンターを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

お電話はこちらから

受付時間:9時~18時(平日のみ)

メールはこちらから

お問い合わせはこちらから

遺産相続手続き専門! 全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

Copyright(C) 2017 遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】 All rights reserved.