全国対応!戸籍謄本取り寄せ、遺産分割協議書作成、銀行預金口座解約・不動産名義変更、相続手続き代行ならお任せ下さい。

遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

未成年者がいる場合の遺産分割協議

相続人の中に未成年者がいるときは特別代理人の選任が必要

遺産の分割は、紛争にも発展しやすく、非常にデリケートな問題ですから、たとえば、母親が未成年者の子の代理人になるなどして、自分の分と未成年者の子の両方の相続分を勝手に取り決めることは認められていません。

このように、未成年者と法定代理人の利益が相反する場合、法定代理人が未成年者の代理をすることはできず、特別代理人の選任が必要となります。

遺産分割につき、利益が相反する場面として以下の2つを挙げることができます。

1.親権者又は後見人も共同相続人である場合
2.複数の未成年者が存在し、親権者又は後見人が同一である場合

上記のような場合、親権者又は後見人は、家庭裁判所に未成年者の特別代理人の選任を請求する義務ができます。

この義務を果たすことなく、利益が相反する代理行為があったときは、その行為は無効となり、子は成人後に無効を訴えることとなります。

【こちらの記事も読まれています】

出張面談のご予約・お問い合わせはこちら

お電話・専用フォーム

死亡後・葬儀後の手続き、預金口座凍結・名義変更等でお困りのご家族様へ。

相続手続きでお悩みではありませんか?
私たちが相続手続きをサポートいたします!

お電話はこちらから

「遺産相続手続代行サポートセンターを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

お電話はこちらから

受付時間:9時~18時(平日のみ)

メールはこちらから

お問い合わせはこちらから

遺産相続手続き専門! 全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

Copyright(C) 2017 遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】 All rights reserved.