全国対応!戸籍謄本取り寄せ、遺産分割協議書作成、銀行預金口座解約・不動産名義変更、相続手続き代行ならお任せ下さい。

遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

「遺産」とは?

遺産分割協議の前に相続財産の中身を調べる・調査をする。

遺産とは、被相続人が死亡時に残した財産を言います。

遺産には、プラスの財産とマイナスの財産(借金・債務等)があり、その中身も様々です。

相続が始まると、被相続人の財産については、遺産分割上の問題だけでなく、税金上の問題も出てきますから、遺産の内容を客観的に知っておくことが必要になってきます。

また、遺産分割協議をする場合、お互いに何が相続の対象になるのかを知っておかなければなりません。

遺産は、大きく分類すると以下のようなもので構成されます。

  • 現金、不動産、動産、債権、株(プラス財産)
  • 借金、保証債務、買掛金、預品返還義務(マイナス財産)

プラス財産、マイナス財産を洗い出した後に、遺産を明確にするために、資産と債務を個別に書き出した相続財産の目録(遺産目録)を作成します。

具体的に資産(プラスの財産)には何があるかを調査する。

1.現金・預金・手形・小切手

銀行預金

銀行口座、銀行名、支店名、口座の種類、口座番号、金額などを調べる。

貸金

→債務者の指名、連絡先、貸付日、返済期限、利率等を確認する。

手形・小切手・無記名債権

→発行人、種類、番号、金額などを特定する。

2.不動産

土地・建物の権利証または登記簿謄本(登記事項証明書)を調べ、土地の場合は所在、地番、地目、面積を、建物の場合は所在、家屋番号、種類、建坪などを個別に確認。

手元に権利証などがなければ、法務局や役所の固定資産税課で構図や建物所在地などにより登記簿を調べます。

相続財産が見つからない場合は専門家の活用も。

まだまだ他に財産がありそうなのに、どこかに隠されていないか?

相続人(亡くなった方)の過去の手がかりを探る必要も出てきます。

数ヶ月~数年かかっって、やっと遺産分割協議が終わったのに、あとから大きな財産が見つかって、また一から協議を行わなけらばならなくケース。意外と多いのです。

そうならないためにも、相続財産調査は、時間をかけて、焦ることなくじっくりと行う必要があります。必要ならば、弁護士、行政書士、司法書士などの専門家の活用を考えてください。

また、知り合いに探偵さんがいらっしゃる場合、必要に応じて探偵に調査してもらうことも考えましょう。

早期相続財産発見、ひいては円滑な遺産分割に寄与してくれることと思います。探偵の相続財産調査に関しては、こちらのページも参考にしてください。→探偵と相続財産調査(探偵事務所ドットコム)

【こちらの記事も読まれています】

出張面談のご予約・お問い合わせはこちら

お電話・専用フォーム

死亡後・葬儀後の手続き、預金口座凍結・名義変更等でお困りのご家族様へ。

相続手続きでお悩みではありませんか?
私たちが相続手続きをサポートいたします!

お電話はこちらから

「遺産相続手続代行サポートセンターを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

お電話はこちらから

受付時間:9時~18時(平日のみ)

メールはこちらから

お問い合わせはこちらから

遺産相続手続き専門! 全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

Copyright(C) 2017 遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】 All rights reserved.