全国対応!戸籍謄本取り寄せ、遺産分割協議書作成、銀行預金口座解約・不動産名義変更、相続手続き代行ならお任せ下さい。

遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

自筆証書遺言について

【ご相談内容】

自筆遺言書を作成しておりますが、配偶者に全ての金融資産を相続させる所存です。

銀行の名義変更につきまして、遺産分割協議書の提出を求める銀行もありますが、検認済みの遺言書が被相続人の意思と考えます。

自筆遺言書が有れば、遺産分割協議書は不要と考えますが、銀行により対応が異なる可能性があるでしょうか。

【回答】

自筆の遺言書の場合は公正証書遺言に比べて信用性が低いです。

そのため銀行により対応が異なる可能性があります。

検認の手続きは、形式的な確認手続きであり、遺言の有効性とは無関係です。

検認の手続きは、遺言の有効・無効を判断するものではありません。

つまり、検認の手続きを経たからといって、自筆の遺言書が有効であると裁判所から判断されたわけではありません。

このことを理解している金融機関であれば、金融機関側としてのリスク回避のため、何らかの対応を求めてくることはあります。

相続手続きをスムーズに実施する観点からは、自筆の遺言書ではなく、公正証書遺言を作成することをおすすめします。

なお、公正証書遺言作成サポートに関しては下記ページをご参照ください。

→ http://www.igon-souzoku.net/kousei

【こちらの記事も読まれています】

出張面談のご予約・お問い合わせはこちら

お電話・専用フォーム

死亡後・葬儀後の手続き、預金口座凍結・名義変更等でお困りのご家族様へ。

相続手続きでお悩みではありませんか?
私たちが相続手続きをサポートいたします!

お電話はこちらから

「遺産相続手続代行サポートセンターを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

お電話はこちらから

受付時間:9時~18時(平日のみ)

メールはこちらから

お問い合わせはこちらから

遺産相続手続き専門! 全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

Copyright(C) 2017 遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】 All rights reserved.