全国対応!戸籍謄本取り寄せ、遺産分割協議書作成、銀行預金口座解約・不動産名義変更、相続手続き代行ならお任せ下さい。

遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

遺留分の放棄

遺留分は被相続人が亡くなる前に放棄することができる。

相続人は、被相続人の生前に「遺留分」を放棄することができます。

なぜならば、遺留分は、被相続人の意思を尊重するための事情がある場合などに、主張しなくても構わない権利だからです。

なお、この遺留分の放棄には家庭裁判所の許可が必要になります。

たとえば、ある人が生前に配偶者に全ての財産を残したいと思っています。

そういった場合、相続人になる見込みの人と協議をし、遺留分を放棄してもらいます。

換言すると、遺留分の放棄とは、被相続人が遺言で相続人の遺留分を侵害することが明らかな場合に、その遺言の効力を有効にしてあげるための手続きと言えます。

遺留分を放棄したい場合は、家庭裁判所に「遺留分放棄許可新審判申立書」を提出して、その許可を求めなければなりません。

家庭裁判所での手続としては、審問期日に放棄者本人の出頭が求められます。

そして、裁判官(審判官)から真意を審問します。

具体的には、遺留分とその放棄についての質問(放棄が遺留分権利者の自由な意思で行われるのか?)があります。

その理由に妥当性があると判断されれば、遺留分放棄の審判があり、審判書が交付されます。

なお、この審判に異議を申し立てることはできませんのでご注意下さい。

【こちらの記事も読まれています】

出張面談のご予約・お問い合わせはこちら

お電話・専用フォーム

死亡後・葬儀後の手続き、預金口座凍結・名義変更等でお困りのご家族様へ。

相続手続きでお悩みではありませんか?
私たちが相続手続きをサポートいたします!

お電話はこちらから

「遺産相続手続代行サポートセンターを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

お電話はこちらから

受付時間:9時~18時(平日のみ)

メールはこちらから

お問い合わせはこちらから

遺産相続手続き専門! 全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

Copyright(C) 2017 遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】 All rights reserved.