全国対応!戸籍謄本取り寄せ、遺産分割協議書作成、銀行預金口座解約・不動産名義変更、相続手続き代行ならお任せ下さい。

遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

特別受益とは?

被相続人から生前贈与を受けると特別受益となる

被相続人の生前に、特別に、財産をもらうことを特別受益といいます。

財産をもらった人のことを特別受益者と呼び、相続時に遺言で与えられる遺贈も特別受益となります。

そして、相続財産にこの特別受益を加えたものが、全相続財産となります。

相続人の相続分からは、贈与や遺贈の分は前渡し分として差し引かれますが、これは、相続人の間で平等を図る為です。

ただし、被相続人が遺言などで特別受益として差し引かないと決めていた場合は、遺留分の規定に反しない限り、それに従うことになりります。

特別受益分が遺留分を侵害した場合は、侵害された人は、特別受益者に対して、遺留分減殺請求ができます。

  1. 婚姻、または養子縁組のために受けた贈与
  2. 生計資金として受けた贈与 *
  3. 特定の相続人が受けた遺贈 **
* たとえば、住宅の購入資金の援助や特別な学費など、ほかの相続人とは別に、特別にもらった資金がこれにあたります。 ただし、新築祝いなど交際費の意味合いが強いものやその場限りの贈り物などは含まれません。
** 遺言によって財産を遺贈された場合、その遺贈を受けた受遺者の相続分から遺贈分が差し引かれます。遺贈されたものは、相続分の中に含まれるからです。

贈与額や遺贈額が相続分を超える場合

特別受益が相続分より多い場合は、遺産分割にあたっての取り分がなくなるだけで、相続分より多い分には特に問題にはなりません。

この点は、遺留分減殺請求権が権利として保障された遺留分とは違います。

被相続人の自由意思で贈られた特別受益は、遺留分に反しない限りは尊重されます。

【こちらの記事も読まれています】

出張面談のご予約・お問い合わせはこちら

お電話・専用フォーム

死亡後・葬儀後の手続き、預金口座凍結・名義変更等でお困りのご家族様へ。

相続手続きでお悩みではありませんか?
私たちが相続手続きをサポートいたします!

お電話はこちらから

「遺産相続手続代行サポートセンターを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

お電話はこちらから

受付時間:9時~18時(平日のみ)

メールはこちらから

お問い合わせはこちらから

遺産相続手続き専門! 全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

Copyright(C) 2017 遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】 All rights reserved.