全国対応!戸籍謄本取り寄せ、遺産分割協議書作成、銀行預金口座解約・不動産名義変更、相続手続き代行ならお任せ下さい。

遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

相続放棄の手続き

相続放棄は相続開始を知ってから3ヶ月以内にすること

相続をするかしない=かは、相続人の自由です。

相続放棄をする場合には、被相続人のすべての財産(プラスの財産分とマイナスの財産分)を放棄しなければなりません。

相続放棄をした場合、相続放棄をした人は最初から相続人でなかったとみなされます。

相続放棄をするかどうかは、被相続人の死亡のときから3ヶ月以内ではなく、相続の開始を知ってから3ヶ月以内に決めなければなりません。

相続放棄した相続人の子や孫は代襲相続できません

相続放棄をした場合には前述の通り、最初から相続人ではなかったみなされますので、その子や孫が遺産を代襲相続することはできません。

相続人が死亡、相続欠格、相続排除によって相続権を失った場合にだけ、代襲相続が起きます。

そのとき、死亡者の子などが代襲相続人となり、代襲相続人が遺産を相続することになります。

代襲相続人も相続放棄をすることは可能ですが、もちろん、その後の再代襲はありません。

放棄された遺産は、他の同順位の血族相続人が相続人となり、同順位のものがいなければ、後順位の血族相続人が相続人となります。

自分の相続分を特定の相続人に譲る為に相続放棄をするのであれば、被相続人の親達の前婚や非嫡出関係についてしっかりと調査をしておくべきだといえます。

相続放棄の手続き

相続放棄の手続は相続人にそれぞれ家庭裁判所に相続放棄申述書を提出して行います。

家庭裁判所は、本人の意思による相続放棄であることを確認した上で、その相続放棄申述を受理します。

一度受理されてしまうと、簡単には取り消すことができませんので注意が必要です。

ただし、ほかの相続人からの犯罪行為があった場合や制限行為能力者(単独で法律行為を行うことができない人)などの場合は後からでも取り消しをすることができます。

【こちらの記事も読まれています】

出張面談のご予約・お問い合わせはこちら

お電話・専用フォーム

死亡後・葬儀後の手続き、預金口座凍結・名義変更等でお困りのご家族様へ。

相続手続きでお悩みではありませんか?
私たちが相続手続きをサポートいたします!

お電話はこちらから

「遺産相続手続代行サポートセンターを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

お電話はこちらから

受付時間:9時~18時(平日のみ)

メールはこちらから

お問い合わせはこちらから

遺産相続手続き専門! 全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

Copyright(C) 2017 遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】 All rights reserved.