全国対応!戸籍謄本取り寄せ、遺産分割協議書作成、銀行預金口座解約・不動産名義変更、相続手続き代行ならお任せ下さい。

遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

遺産分割協議とは?

相続人が複数いる場合、相続財産を相続人の間で分割する必要が出てきます。これを遺産分割といいます。この遺産分割こそが相続手続きの肝と言えるかもしれません。(多くのケースでは、ここで揉めます。)

指定分割と協議分割とは?

主な遺産分割の方法には、指定分割協議分割があります。
遺産分割においては、遺言による指定が最優先されます。

「誰に何を相続させる」とはっきり書いてあるのが、指定分割です。

遺言書がなければ、相続人の協議によって分割の方法を決定します。これが協議分割です。

遺産分割協議は、必ず相続人全員で行う必要があります。欠席者がいる状態で遺産分割協議をすると、欠席した相続人に不利な分割にされる可能性があるからです。どうしても遺産分割協議に参加できない場合は、代理人が必要です。

遺産分割協議の結果、相続人全員から合意を得られれば、協議成立です。ここで成立した分割方法が指定相続と異なる内容でも有効になります。ですから遺言書の内容と違っても協議分割の方が優先されます。

遺産分割の3種類の方法

  • 現物分割 ・・・ 誰がどの財産をもらうかをそのまま現物で分割する方法。
  • 換価分割 ・・・ 土地や家屋など、分割できないものや分割すると著しく価値の下がるものを売却などで現金に換えて、現金で分割する方法。
  • 代償分割 ・・・ 相続人のうち、ひとりだけ家業を継ぐようなとき、跡継ぎにすべて相続させて、その代わり他の相続人に金銭などを支払う方法。現物分割も換価分割もできない場合に使われます。

もし、遺産分割協議で相続人全員の同意が得られなかったら、家庭裁判所で調停の申し立てを行うことになります。無事に調停が終わると、調停分割になります。

残念ながら調停が不成立に終わってしまった場合は、審判になります。この分割方法を審判分割といいます。審判分割に不服がある場合には、2週間以内に即時抗告を行い、高等裁判所で解決することになります。

家庭裁判所には遺産分割以外にも多くの申し立てができますが、調停や審判になると、多くのエネルギーが必要です。ですからその前に、遺言書などで事前に手立てを講じ、トラブルを避けることを考えた方が良いでしょう。

遺産分割のフロー

遺産分割の手段

【こちらの記事も読まれています】

出張面談のご予約・お問い合わせはこちら

お電話・専用フォーム

死亡後・葬儀後の手続き、預金口座凍結・名義変更等でお困りのご家族様へ。

相続手続きでお悩みではありませんか?
私たちが相続手続きをサポートいたします!

お電話はこちらから

「遺産相続手続代行サポートセンターを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

お電話はこちらから

受付時間:9時~18時(平日のみ)

メールはこちらから

お問い合わせはこちらから

遺産相続手続き専門! 全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

Copyright(C) 2017 遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】 All rights reserved.