全国対応!戸籍謄本取り寄せ、遺産分割協議書作成、銀行預金口座解約・不動産名義変更、相続手続き代行ならお任せ下さい。

遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

相続手続きに必要な書類

相続手続を始めると、その膨大な書類の準備に嫌気が差してしまう方も多いことでしょう。

相続による不動産(土地・家屋など)や動産(車など)の所有権移転登記手続き、 銀行口座の預金の引き出しには必ず書類の提出が必要になります。

以下、簡単にまとめてみました。

相続手続きで提出しなくてはならない書類

不動産関係

提出先 → 不動産を管轄する法務局

  • 故人の出生から他界までの全ての連続した戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本及び印鑑証明書
  • 遺産分割協議書又は遺言書
  • 固定資産評価証明書
  • 不動産を相続する人の住民票

銀行口座・郵便貯金

提出先 → 各銀行の支店・郵便局

  • 故人の出生から他界までの全ての連続した戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本及び印鑑証明書、住民票
  • 遺産分割協議書又は遺言書
  • 固定資産評価証明書
  • 故人名義の預金通帳、キャッシュカード
  • その他銀行所定の書類(銀行窓口でお問い合わせ下さい)

自動車

提出先 → 陸運支局

  • 故人の出生から他界までの全ての連続した戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本及び印鑑証明書、住民票
  • 名義人になる相続人の印鑑証明書
  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • その他陸運支局所定の用紙

戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本の取得はどうすればいいの?

相続手続で必ず必要になる
戸籍謄本」、「除籍謄本」、「改製原戸籍謄本」の取得はどうすればいいのでしょうか?

戸籍謄本

今現在本籍のある市区町村役場に請求(本籍と筆頭者がわからないと請求できません)

除籍謄本

除籍当時、本籍のあった市区町村役場に請求(本籍と筆頭者がわからないと請求できません)

改製原戸籍謄本

改製された当時、本籍のあった市区町村役場に請求(本籍と筆頭者がわからないと請求できません)

相続手続きワンポイントアドバイス

上記書類は遠方の市区町村であれば、郵送で申請することも可能です。

また、これらの書類は相続関係を明確にし相続手続をスムースに行う為に必要不可欠なわけですが、必要書類の取得に手間がかかったり、(戸籍関係の書類は、まず取得してみなければ次に何が必要なのかわかりません。)家族に知られたくないような事実が書類上に眠っている事は往々にしてあります。(例えば離婚歴や認知の記載など、現在の戸籍謄本には載っていなくても、除籍謄本などに載っている可能性はありますので。)
通常、これらの書類は親戚などの関係者でなければ取得できないのですが、行政書士は、職務上請求する事が法律上認められておりますので、 普段忙しく、ご自身で手続するのが難しい場合は専門家に依頼するのもひとつの方法と言えるでしょう。

【こちらの記事も読まれています】

出張面談のご予約・お問い合わせはこちら

お電話・専用フォーム

死亡後・葬儀後の手続き、預金口座凍結・名義変更等でお困りのご家族様へ。

相続手続きでお悩みではありませんか?
私たちが相続手続きをサポートいたします!

お電話はこちらから

「遺産相続手続代行サポートセンターを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

お電話はこちらから

受付時間:9時~18時(平日のみ)

メールはこちらから

お問い合わせはこちらから

遺産相続手続き専門! 全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】
お問い合わせはこちらから

Copyright(C) 2017 遺産相続手続代行サポートセンター【全国対応】 All rights reserved.